開発環境

今回は、RaspberryPiのソフトウェアをWindows上でリモート開発する環境を作ります。

1.Winsdows上にNetBeans with JDKのインストール

① NetBeasns with JDK8のダウンロード
http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.htmlからNetBeans with JDK8のインストーラーをダウンロードします。
② インストーラーファイルをダブルクリックして実行します。
rasp1-1
③ JDKとNetBeansIDEをインストールします。
rasp1-2
④ JDKのインストール先を選択します。
rasp1-3
⑤ NetBeansIDEのインストール先を選択します。
rasp1-4
⑥ インストールを開始します。
rasp1-5
⑦ インストールが開始されます。
rasp1-6
⑧ インストール終了
rasp1-7

2.Raspberry Pi設定

① RaspberryPiをネットワークに接続し、rootユーザーで「raspi-config」を実行、「Advanced Options→SSH」をEnableに設定します。
raspi2-1

3.Windows上のNetBeansIDEに「C/C++プラグイン」をインストール

① メニューにて「ツール」→「プラグイン」をクリック
raspi3-1
② 「使用可能なプラグイン」タブにより「C/C++」をチェックし「インストール」ボタンをクリック
raspi3-2
「次>」ボタンをクリック
raspi3-2-1
「すべてのライセンス契約条件に同意する」にチェックをし、「インストール」ボタンをクリック
raspi3-2-2
インストールが実行される
raspi3-2-3
「C/C++プラグイン」のインストール終了、NetBeansIDEを「今すぐIDEを再起動」にチェックし「終了」ボタンをおうかすることによりNetBeansIDE再起動
raspi3-2-4

4.Raspberry Piの登録

① Raspberry Piと同一ネットワークにWindowsパソコンを接続NetBeansを起動し、メニューにてウィンドウ->サービスをクリックしサービスタブを表示の「C/C++ビルド・ホスト」を右クリック、「新規ホストの追加」をクリックします
raspi4-1
② RaspberryPiのIPアドレスを「ホスト名」に入力し、「次>」ボタンをクリックします
raspi4-2
③ 識別の「ログイン」にログインユーザーを入力し、認証の「パスワード」を選択し、「次>」ボタンをクリックします
raspi4-3
④ 「パスワード」を入力し、「OK」ボタンをクリックします
raspi4-4
⑤ 「終了」ボタンを押下し終了します
raspi4-5
⑥ 「C/C++ビルド・ホスト」にRaspberryPiが登録されます
raspi4-6

5.プロジェクトの作成

① 「ファイル」→「新規プロジェクト」をクリックします
raspi5-1
② カテゴリにて「C/C++」を選択し、プロジェクトにて「C/C++アプリケーション」を選択し、「次>」ボタンをくりっくします
raspi5-2
③ 「プロジェクト名」を入力し、「ビルド・ホスト」に作成したホストを選択し、「ツール・コレクション」に「GNU」を選択し、「終了」ボタンを押下することによりプロジェクトを作成する。
raspi5-3