サーバー

今回はRaspbianでActiveDrirectoryDomainControllerを構築します。
前提として
Domain : E-MAYBE.NET
REALM : SMB.E-MAYBE.NET
HOST : smb.e-maybe.net
とします。

1.インストール

# aptitude -y install samba krb5-config

(REALMを設定)
SMB.E-MAYBE.NET
(HOST指定)
smb.e-maybe.net
(Kerberos REALMを設定)
smb.e-maybe.net

2.Sambaの設定

# mv /etc/samba/smb.conf /etc/samba/smb.conf.org

# samba-tool domain provision

Realm: SMB.E-MAYBE.NET
Domain [SMB]: E-MAYBE.NET
Server Role (dc,member,standalone)[dc]: (そのままEnter)
DNS backend (SAMBA_INTERNAL, BIND9_FLATFILE, BIND9_DLZ, NONE) [SAMBA_INTERNAL]: (そのままEnter)
DNS forwarder IP address (write ‘none’ to disable forwarding) [10.0.0.10]: (そのままEnter)
Administrator password: (管理者のパスワードを入力)
Retype password: (管理者のパスワードを入力)
Looking up IPv4 addresses
Looking up IPv6 addresses
No IPv6 address will be assigned
Setting up share.ldb
Setting up secrets.ldb
Setting up the registry
Setting up the privileges database
Setting up idmap db
Setting up SAM db
Setting up sam.ldb partitions and settings
Setting up sam.ldb rootDSE
Pre-loading the Samba 4 and AD schema
Adding DomainDN: DC=smb,DC=server,DC=world
Adding configuration container
Setting up sam.ldb schema
Setting up sam.ldb configuration data
Setting up display specifiers
Modifying display specifiers
Adding users container
Modifying users container
Adding computers container
Modifying computers container
Setting up sam.ldb data
Setting up well known security principals
Setting up sam.ldb users and groups
Setting up self join
Adding DNS accounts
Creating CN=MicrosoftDNS,CN=System,DC=smb,DC=server,DC=world
Creating DomainDnsZones and ForestDnsZones partitions
Populating DomainDnsZones and ForestDnsZones partitions
Setting up sam.ldb rootDSE marking as synchronized
Fixing provision GUIDs
A Kerberos configuration suitable for Samba 4 has been generated at /var/lib/samba/private/krb5.conf
Once the above files are installed, your Samba4 server will be ready to use
Server Role: active directory domain controller
Hostname: smb
NetBIOS Domain: E-MAYBE.NET
DNS Domain: smb.e-maybe.net
DOMAIN SID: S-1-5-21-2000157900-855438458-128221064

(再起動)

# reboot

3.ドメインの機能レベルを上げておく

# samba-tool domain level raise –domain-level 2008_R2 –forest-level 2008_R2

Domain function level changed!
Forest function level changed!
All changes applied successfully!

4.ドメインの機能レベルの確認

# samba-tool domain level show

Domain and forest function level for domain ‘DC=smb,DC=server,DC=world’

Forest function level: (Windows) 2008 R2
Domain function level: (Windows) 2008 R2
Lowest function level of a DC: (Windows) 2008 R2

5.ドメインにユーザ登録

# samba-tool user add user01

New Password: (パスワード設定)
Retype Password:(パスワード設定)
User ‘user01’ created successfully

 サーバーマシンをDOS/V機に移したはいいが、メモリー不良となってしまった。
不良メモリーは交換したものの、電気代が結構いってしまったので、家族からブーイングが
出てしまった。
 
 ってことで、サーバーを再びRasberryPiに移すことに。
(何やってんだ俺)
今度は、Pi ModelB+とPi2 ModelBの2台体制とした。
まず、Pi ModelB+には、メールサーバー、DNSサーバー、
Active Directory Domain Controller
にした。
そして、Pi2 ModelBは、WEBサーバー、ownCloudサーバー
にした。

今のところ順調に稼働しているが、また1週間に一回は再起動が必要になってしまうのか・・・・・
RaspberryPiだと電気代安いしね。
そのうち、もう一台Pi2 ModelBを買って、Pi2 2台体制にしたいと思う。

Web ServerとMail ServerをRaspberry Pi Model BからRaspberry Pi 2 Model Bに変えました。
やっぱ、レスポンスが良くなりストレスなくなりました。
すべて載せ換えるのに少々手こずりましたが、なんとか動きました。
やっぱ、Quad Coreメモリ1GBは伊達じゃないですね。
もう一個、Raspberry Pi 2 Model Bを買い足さなくては。
実験用に使っていたのを使ってしまったので。
IMG_0989

 現在、うちのサーバーは、Raspberry Pi Model Bで行っている。
これだと、ちょっとレスポンスが遅いのだな・・・・
それに比べ、Raspberry Pi2 Model Bではかなり、処理速度が上がっている。
ってなこんなで、サーバーマシンをPi2にしようかと思っている。
今月は予算ないから、再来月ぐらいにPi2をもう一個買って、サーバーマシンにしよう。
WEBサーバーの応答が速くなるのを期待して。

さて、余っているSATAのHDDを利用してRaspberry piをファイルサーバーにしよう。
早速、安く仕上げるために、SATAをUSBに変換するアダプターを探しました。
YAHOOオークションでちょうどいいのを発見。
IMG_0741
1180円で落札!
これで早速、SATAのHDDをUSBでRaspberry Piに接続。
screenshot101
無事認識。
これをマウント。
screenshot102
無事マウント成功!

そしたら、起動時に自動的にマウントするように/etc/fstabに以下を追加記述

/dev/sda1       /public         ext4    defaults          0       0

試しに、再起動。
screenshot103

マウント成功ってことで、次はSAMBAで共有化。
まずはSAMBAのインストール

root@faye:/# aptitude -y install samba
以下の新規パッケージがインストールされます:
  samba tdb-tools{a} 
更新: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 9 個。
3,375 k バイトのアーカイブを取得する必要があります。展開後に 20.2 M バイトのディスク領域が新たに消費されます。
取得: 1 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main samba armhf 2:3.6.6-6+deb7u4 [3,349 kB]
取得: 2 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main tdb-tools armhf 1.2.10-2 [25.9 kB]
Fetched 3,375 kB in 18秒 (187 kB/s)                                             
パッケージを事前設定しています ...
以前に未選択のパッケージ samba を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 83485 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../samba_2%3a3.6.6-6+deb7u4_armhf.deb から) samba を展開しています...
以前に未選択のパッケージ tdb-tools を選択しています。
(.../tdb-tools_1.2.10-2_armhf.deb から) tdb-tools を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
samba (2:3.6.6-6+deb7u4) を設定しています ...
Generating /etc/default/samba...
グループ `sambashare' (グループ ID 118) を追加しています...
完了。
update-alternatives: /usr/bin/smbstatus (smbstatus) を提供するために 自動モード で /usr/bin/smbstatus.samba3 を使います
[ ok ] Starting Samba daemons: nmbd smbd.
tdb-tools (1.2.10-2) を設定しています ...
update-alternatives: /usr/bin/tdbbackup (tdbbackup) を提供するために 自動モード で /usr/bin/tdbbackup.tdbtools を使います

/etc/samba/smb.confの編集
[global]に下記を追加

   unix charset = UTF-8
   dos charset = CP932

#### Networking ####に以下を追加

interfaces = 127.0.0.0/8 192.168.1.0/24
bind interfaces only = yes

####### Authentication #######に以下を追加

security = share

最終行に以下を追加

[public]
   path = /public                     # 共有フォルダ指定
   writable = yes                     # 書き込みOK
   guest ok = yes                     # ゲストユーザーOK
   guest only = yes                   # 全てゲストとして扱う
   create mode = 0777                 # フルアクセスでファイル作成
   directory mode = 0777              # フルアクセスでフォルダ作成
   share modes = yes                  # 複数人が同一ファイルに同時アクセス時に警告

SAMBAの起動

root@faye:/# /etc/init.d/samba start
[ ok ] Starting Samba daemons: nmbd smbd.

screenshot104
共有成功!!