開発用PCマシンにて、スタートメニューから「設定」をクリックします。
step20

設定ウィンドウにて「[更新とセキュリティ」をクリックします。
step21

「更新とセキュリティー」ウィンドウにて「開発者向け」をクリックし、「開発者モード」を選択して「更新とセキュリティー」ウィンドウを閉じます。
step22

スタートメニューにて、「Windows Power Shell」を右クリックし「管理者として実行」をクリックします。
step23

開いたコンソールウィンドウにて、「net start WinRM」と入力し、Enterを押してWindows Remote Management (WS-Management) サービスを開始します。
step24

「Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts -Value minwinpc」と入力し、Enterを押してホストを登録します。
step25

下記メッセージが表示されるので、「Y」を入力します。
step27

Visual Studio 2015を起動します。
ここでは、簡単なサンプルプログラムを作ります。
step30

「ファイル」メニューの「新規作成」メニューの「プロジェクト」を選択し、プロジェクトを新規作成します。
左側のツリービューから「Windows」の「ユニバーサル」を選択し、一覧の「空白のアプリ(ユニバーサル Windows)」を選択します。
「名前」に「test」と入力し「OK」をクリックします。
step31

空のユニバーサルアプリが作成されます。右側のソリューションエクスプローラから、「MainPage.xaml」をダブルクリックして開きます。
step32

「MainPage.xaml」を開くと下図のフォームデザイナが表示されます。
左上のコンボボックスから「”4″ IoT Device (569 x 320) 160%スケール」を選択します。
step33

ツールボックスを開き、一覧から「TextBlock」コンポーネントを選択し、フォームデザイナにドラッグ&ドロップします。
step34

右下のプロパティウィンドウのTextの値を変更します。今回は “Hello Windows 10 IoT World!” と入力。
step35

続いてリモートPCでデバッグします。
ビルドターゲットを「ARM」に変更します。
step36

ツールバーの緑色の三角形ボタンの右側のドロップダウンボタンをクリックします。下図のドロップダウンメニューが表示されるので、「リモート コンピューター」を選択します。
step37

「リモート接続」ダイアログが表示され、Raspberry Pi 2と接続できていれば、「自動検出」の欄にRaspberry Pi 2のデバイス名が表示されていますのでクリックし、「選択」ボタンをクリックします。
step38

「デバッグ」メニューの「デバッグの開始」、または、ツールバーの緑色の三角形ボタンをクリックしてデバッグを開始します。
step39

Raspberry Pi2のモニタ画面に、デバッグ画面が表示されるはずです。
さて、開発環境が構築できました。

Windows10はRaspberry Pi2をサポートしている。
Windows10をRaspberry Pi2で動かすにはちょっと非力なような気がする。
しかし、動かしてみないことには判断できない。
ってことで、Windows10をインストールしてみよう。

下記URLからIOT Core RPi.ISOをダウンロードする。
http://ms-iot.github.io/content/en-US/Downloads.htm

ダウンロードしたIOT Core RPi.ISOをマウントする。
マウントしたドライブから、Windows_10_IoT_Core_RPi.msiを起動する。
step02

ライセンス条項が表示されます。「I accept~」にチェックを入れ「Install」をクリック。
step03

インストールが始まります。
step04

インストールが完了したら、「Finish」をクリックしてインストーラーを終了します。
step05

「WindowsIoTCoreWatcher」が起動するので、終了します。
step06

「WindowsIoTImageHelper」を起動します。
step08

「Browse」ボタンをクリックして、「C:\Program Files (x86)\Microsoft IoT\FFU\RasberryPi2」を選択します。
step09

インストール先のSDカードを選択して、「Flash」をクリックします。
「Erase Content?」と出たら、「Continue」をクリックします。
step10

SDカードへのインストールが開始され、100%になると自動的に閉じます。
step11

以上で、SDカードへのインストールは完了です。
Raspberry Pi2にSDカードを挿し、起動してみましょう。

Raspberry Pi2にてWindows 10が起動したら、PCにて「Windows IoT Core Watcher」を起動します。
step12

「Windows IoT Core Watcher」で接続したいRaspberry Pi2を一覧から選び、
右クリックし「Web Browser Here」をクリックします。
step13

Webブラウザが起動し、認証ダイアログが表示されるので、ユーザー名、パスワードを入力し「OK」をクリックします。
*初期状態では、ユーザー名が「Administrator」、パスワードが「p@ssw0rd」(p@ssw0dの0は数字の0)になっています。
step14

認証が通ると、管理画面が開きます。
step15

 現在、うちのサーバーは、Raspberry Pi Model Bで行っている。
これだと、ちょっとレスポンスが遅いのだな・・・・
それに比べ、Raspberry Pi2 Model Bではかなり、処理速度が上がっている。
ってなこんなで、サーバーマシンをPi2にしようかと思っている。
今月は予算ないから、再来月ぐらいにPi2をもう一個買って、サーバーマシンにしよう。
WEBサーバーの応答が速くなるのを期待して。

 遅れること2週間。
やっと、大望のRaspberry Pi2が届いた。
なんか、軽そうな箱である。
IMG_0776
早速、箱を開けてみる。
様子はB+とあまり変わらない。
IMG_0781
QuadCoreになって、どれぐらいのレスポンスがでるのやら。
RaspbianをMicroSDに書き込み起動。
をを~ラズベリーマークが4つに。
QuadCoreの印だ。
IMG_0789
ウインドウマネージャーにMateを入れてみる。
サクサク動くではないか・・・・
軽い軽い。
これだったら、ストレスなくWindows10が動くかも。
サーバーを今のBからPi2にしたら、もっさり動いていたApacheもサクサク動くであろう・・・
Pi2をサーバー用にもう一個買うか。
今まで、Raspberry Piでの実機開発が動作が重くてストレスかかっていたのが、
Raspberry Pi2では、快適に行えそうである。
速度感は体感的にアップしている。
これからのPi2が楽しみだ。
こんなマシンが約5000円で買えるのならば、もう高いパソコンはいらないような気がする。

注文してあったRaspberry Pi2について販売先から連絡があった。
なんと、入荷が遅れていてまだ商品がないとのこと。
おいおい・・・・
何時になったらRaspberry Pi2が手に入るのやら。
なんだったら別の業者から買えばよかった・・・
俺のRaspberry Pi2は何処に・・・

さて、余っているSATAのHDDを利用してRaspberry piをファイルサーバーにしよう。
早速、安く仕上げるために、SATAをUSBに変換するアダプターを探しました。
YAHOOオークションでちょうどいいのを発見。
IMG_0741
1180円で落札!
これで早速、SATAのHDDをUSBでRaspberry Piに接続。
screenshot101
無事認識。
これをマウント。
screenshot102
無事マウント成功!

そしたら、起動時に自動的にマウントするように/etc/fstabに以下を追加記述

/dev/sda1       /public         ext4    defaults          0       0

試しに、再起動。
screenshot103

マウント成功ってことで、次はSAMBAで共有化。
まずはSAMBAのインストール

root@faye:/# aptitude -y install samba
以下の新規パッケージがインストールされます:
  samba tdb-tools{a} 
更新: 0 個、新規インストール: 2 個、削除: 0 個、保留: 9 個。
3,375 k バイトのアーカイブを取得する必要があります。展開後に 20.2 M バイトのディスク領域が新たに消費されます。
取得: 1 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main samba armhf 2:3.6.6-6+deb7u4 [3,349 kB]
取得: 2 http://mirrordirector.raspbian.org/raspbian/ wheezy/main tdb-tools armhf 1.2.10-2 [25.9 kB]
Fetched 3,375 kB in 18秒 (187 kB/s)                                             
パッケージを事前設定しています ...
以前に未選択のパッケージ samba を選択しています。
(データベースを読み込んでいます ... 現在 83485 個のファイルとディレクトリがインストールされています。)
(.../samba_2%3a3.6.6-6+deb7u4_armhf.deb から) samba を展開しています...
以前に未選択のパッケージ tdb-tools を選択しています。
(.../tdb-tools_1.2.10-2_armhf.deb から) tdb-tools を展開しています...
man-db のトリガを処理しています ...
samba (2:3.6.6-6+deb7u4) を設定しています ...
Generating /etc/default/samba...
グループ `sambashare' (グループ ID 118) を追加しています...
完了。
update-alternatives: /usr/bin/smbstatus (smbstatus) を提供するために 自動モード で /usr/bin/smbstatus.samba3 を使います
[ ok ] Starting Samba daemons: nmbd smbd.
tdb-tools (1.2.10-2) を設定しています ...
update-alternatives: /usr/bin/tdbbackup (tdbbackup) を提供するために 自動モード で /usr/bin/tdbbackup.tdbtools を使います

/etc/samba/smb.confの編集
[global]に下記を追加

   unix charset = UTF-8
   dos charset = CP932

#### Networking ####に以下を追加

interfaces = 127.0.0.0/8 192.168.1.0/24
bind interfaces only = yes

####### Authentication #######に以下を追加

security = share

最終行に以下を追加

[public]
   path = /public                     # 共有フォルダ指定
   writable = yes                     # 書き込みOK
   guest ok = yes                     # ゲストユーザーOK
   guest only = yes                   # 全てゲストとして扱う
   create mode = 0777                 # フルアクセスでファイル作成
   directory mode = 0777              # フルアクセスでフォルダ作成
   share modes = yes                  # 複数人が同一ファイルに同時アクセス時に警告

SAMBAの起動

root@faye:/# /etc/init.d/samba start
[ ok ] Starting Samba daemons: nmbd smbd.

screenshot104
共有成功!!

押入れを整理していると、MAC G5で使用していたキーボード&マウスが!!
やっぱMACのキーボードかっちょいい。
よし、これをRaspberry Piで使おう。
IMG_0726
マウスが1ボタンでホイール無なのがちょっと使いづらいが・・・・
まあ、かっちょいいからいいか。ってことで繋いでみた。
Raspi-configで設定して、動作はOK。

Raspberry pi2が発表になりましたね。
CPUはCortex-A7のクアッドコアになり、メモリも1GBになるそうです。
CPUクロックも従来の700MHzから900MHzになったということです。
GPIOはB+と同じだそうです。
しかも、マイクロソフトがWindows10を無償提供するらしいです。
こんどこそは、サクサクと動いてくれることを期待。
いままでのRaspberry piは鈍くさかったですからね。
価格はアールエスコンポーネンツが4,291円で販売らしいです。
楽しみですね。
raspi2

NetBeans IDE 7.0.1をインストールしたらNetBeansが起動しない。
原因はJDKらしい。
NetBeans IDE 7.0.1の場合は、oracleのjava7をインストールし、
netbeans.confのnetbeans_jdkhomeにjava7のパスを記述したら正常に起動するようになった。

oracleのjava7のインストール

# sudo apt-get install oracle-java7-jdk

netbeans.confの記述修正

# sudo vi /usr/share/netbeans/7.0.1/etc/netbeans.conf
netbeans_jdkhome="/usr/lib/jvm/jdk-7-oracle-armhf"

raspbianの2014年12月24日のバージョンをRaspberry Piにインストールするし、raspi-configを実行するとSetup OptionのInternationalisation Optionsが正常に動作しない模様。
また、そのままインストールし、X-Windowを起動するとOpenBoxが正常に動作しない。
原因は分からないけど。
もしかして、B+の場合のみの異常動作なのかもしれないが、B+意外では未確認。