X-window日本語入力

・日本語入力ibus-Anthyの設定

1.ibusのインストール

# pkg_add ibus

2.ibus-Anthyのインストール

# pkg_add ibus-anthy

3.startxでxfceを起動する場合
/etc/X11/xinit/xinitrcに下記を追加

export LANG=ja_JP.UTF-8
export LC_CTYPE=ja_JP.UTF-8
export XIM="ibus"
export GTK_IM_MODULE="ibus"
export QT_IM_MODULE="xim"
export XMODIFIERS="@im=ibus"
ibus-daemon &
startxfce4

4.xdmでxfceを起動する場合
/etc/X11/xdm/Xsesionに下記を追加

export LANG=ja_JP.UTF-8
export LC_CTYPE=ja_JP.UTF-8
export XIM="ibus"
export GTK_IM_MODULE="ibus"
export QT_IM_MODULE="xim"
export XMODIFIERS="@im=ibus"
ibus-daemon &
startxfce4

5.KDMからkde4を起動する場合
/etc/xprofileに記述

export LANG=ja_JP.UTF-8
export LC_CTYPE=ja_JP.UTF-8
export GTK_IM_MODULE="ibus"
export QT_IM_MODULE="ibus"
export XMODIFIERS="@im=ibus"
/usr/local/bin/ibus-daemon -d -x -r

6.Xの再起動

7.ibusの設定にてインプットメソッド設定
ibusの設定にてインプットメソッドに”日本語-Japanese”と”日本語-Anthy”を選択

・日本語入力scim-Anthyの設定

1.scimのインストール

# pkg_add scim

2.scim-Anthyのインストール

# pkg_add scim-anthy

3.KDMからkde4を起動する場合
/etc/xprofileに記述

export LANG=ja_JP.UTF-8
export LC_CTYPE=ja_JP.UTF-8
export GTK_IM_MODULE="scim"
export QT_IM_MODULE="scim"
export XMODIFIERS="@im=SCIM"
/usr/local/bin/scim -d

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です