Windowsマシンからリモートディスクトップ接続

・WindowsマシンをXRDP接続する

1.EPEL repository の追加
■EPELをwgetしてインストール(64ビット版CentOS 6の場合)

# wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm

■EPELをwgetしてインストール(32ビット版CentOS 6の場合)

# wget http://ftp-srv2.kddilabs.jp/Linux/distributions/fedora/epel/6/i386/epel-release-6-8.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-6-8.noarch.rpm

2.XRDPのインストール

# yum install xrdp

3.ポート解放
port 3389/TCP,UDP と 3350/TCP,UDP を解放

4.XRDPサービス開始

# service xrdp start

5.XRDPの自動起動設定

# chkconfig xrdp on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です